• TOP
  • 足軽松

足軽松

足軽松

『あしがれまつ』と読む。
通りすがりに、幹の根元の空洞へそっと小石を投げ込むと、不思議なことに足の疲れがとれる。また、この松を傷つけたり、汚したりすると足の病にかかる。と伝えられる。

住所 豊田市羽布町鬼ノ平1-47